玄米通販ランキング【玄米茶・サプリメントなど】

玄米

カテゴリ

お役立ち情報

グルメマニアックス

リンク集

運営者情報


美味しい玄米を食べたいと思いませんか?玄米の栄養分がたっぷり入ったサプリメントや香りが素敵な玄米茶の通販サイトをご紹介!

玄米の炊き方

玄米の美味しい炊き方をここでは紹介します。玄米はボウルに水を入れて手で回しながら研ぎましょう。ゴミが付いている可能性があるので綺麗にとっていきます。そしてたっぷりの水をボウルの中に入れて両手でお米をこすって表面のごみをさらに丁寧にとっていきます。お米を傷つけないように気を付けながらこすり洗いをしていきます。これを2~3回繰り返して綺麗にごみなどをとります。これだけで玄米の表面にはツヤが出てきますから、ツヤが出てくれば、ざるに上げて玄米の量の1.2倍から1.8倍の水に入れておきましょう。

玄米を炊く前に塩を一つまみ入れておくと玄米の独特の苦さを解消することにつながりますし、美味しく、ふっくらと玄米を炊くことにつながります。玄米は白米に比べると固めですから、ふっくらと柔らかく美味しく炊くためには、水にしっかりと浸けておきましょう。夏の場合には2時間以上、冬なら6時間以上は浸けておきましょう。出来れば半日浸けておくとさらに美味しく炊き上げることが出来ます。

玄米を炊飯器で炊く場合には、白米コースで炊かずにメニューのコースのところに玄米コースがあるのであれば、玄米コースで炊くようにしましょう。白米コースで炊くよりも美味しく玄米を食べることが出来るようにふっくらと炊き上げることが出来るのです。

一番美味しく玄米を炊くのは、土鍋ですが、土鍋で炊く場合にはお焦げが出来てしまいますから、お焦げが苦手だと言う人は炊飯器が手軽です。


発芽玄米の作り方

発芽玄米は作ることが出来ます。発芽玄米は手軽に販売されていますが、玄米を発芽させれば、手軽に作ることも可能なのです。発芽させるだけで栄養価もアップしますし、様々なメリットを実感することが出来ますから発芽玄米はお勧めです。発芽玄米は市販の玄米に比べると少し値段が高いですから、発芽玄米を自分で作ってみませんか?

発芽玄米の作り方ですが発芽玄米は手軽に作れます。まず玄米を入れることが出来るバットとお湯を用意しましょう。玄米をお湯で洗います。30度から40度くらいのお湯が適温です。次にバットの中に0.5から1センチくらいの高さに玄米を入れて玄米を隠すくらいの量のお湯を入れましょう。温度があまり冷めないようにするために上からラップをかけておきます。発芽させる為には酸素が必要ですからラップをぴったり閉めないで、穴を数か所開けておきましょう。これで準備は出来ました。

昼間に温度が上がり過ぎる可能性がありますから、日向において、夜は温度が下がらないようにするためにも部屋の温度があまり下がらない場所においておきましょう。お風呂の蓋の上などはずっと温かくていいかもしれませんね。また台所も温かいかもしれません。

発芽が開始するとアクがでて発行臭がすることがあります。この時には玄米をざるにあげます。そして軽くぬるま湯で洗いましょう。お湯は入れ替えて玄米をバットに入れます。お湯はまた玄米に隠れるくらいの量にします。そしてラップをかぶせて穴をあけて同じようにして、朝晩水を変えていきます。発芽が確認できれば完成です。


子供の為にチェクします

"我が家には小さな子供がいるので、産地は必ずチェックします。
中でも絶対に気をつけて買わないのが中国、韓国産のものです。不衛生なイメージと、実際に混入事件等もあるので買いません。最近だとP,M2,5の影響もあるので、中国、韓国産の食材だけではなく、お菓子や加工品も中国、韓国産のものは避けています。
それと同じ理由で、福島産のものも買わないようにしています。現地の農家の方には申し訳ないですが、子供が小さいうちは絶対に買うつもりはありません。その分子供が自立し、自分たちだけの食事になった時にはなるべく購入しようという気持ちでいます。
子供の食事は体が小さい分、有害な食べ物の影響が出やすいのでなるべくそういた害のなさそうなものを選んでいます。風評被害の影響か、福島産のものは値段がとても安く売られているため、余計に不安な気持ちを煽られることも事実です。
私が北海道出身なこともありますが、少し高くてもなるべく道産のものを買うようにしています。"


サンマが一番かな

"秋の食べ物といわれると、梨にぶどう、栗・さつまいもと、たくさんある。
さすが、食欲の秋という言葉があるように、旬の食べ物がたくさんあり、
気候も過ごしやすくなって、食事が楽しみな時期だと思う。
たくさんの秋の食べ物の中でも、私は「サンマ」が、最高だと思う。
他の魚は、そのまま焼いて食べたいと思わないが、サンマだけは、塩焼きが本当に美味しくてたまらない。
皮に焦げ目が入り、サンマの油が落ち始めると、何とも言えない食欲をそそる、サンマ独特のにおいがしてくる。
サンマを美味く食べる方法は、とにかく焼けたらアツアツを、すぐに食べるということだと思う。
焼き終わってから、少し時間が経ってしまうと、美味しさがかなりガクンと落ちてしまう。
それから、大根おろしは、やっぱりあった方がいいと思う。
そこに、ポン酢をかけて、もくもくと食べる、これが最高の食べ方だと思っている。
私は、特にパリパリの皮と、身を一緒に食べるのが好きだ。
"


静岡おでんの味

"私は数年前に静岡に嫁いできました。
静岡の名産といえばお茶・わさびなんかが有名ですけど、桜えびなんかの海産物系がとてもおいしいですね。
私は海から遠いところに住んでいたので、新鮮な海の幸が食べられるところに嫁いできて良かったなぁと思っています。
ただ、1つだけちょっと苦手な食べ物がありまして、それが「静岡おでん」なんです。
静岡おでんは普通のおでんとまず見た目から違うんです。
おでんの汁が真っ黒で、具材のひとつひとつが串に刺さっています。
食事じゃなくて駄菓子感覚で食べるものなんだそうです。
見た目的にはとってもおいしそうなのですが、私はちょっと生臭く感じてしまってダメだったんですよね…。
というのも、私が食べた静岡おでんにはいわしなどの魚粉が入っていたんです。
同じく静岡B級グルメとして有名な富士宮焼きそばにも入っていたりしますね。
魚粉、おいしいとは思うんですが、私はおでんにはあんまりかけて欲しくないかなと思ってしまいました。
入ってないバージョンがあればおいしいかなと思います。
"